アンティークの知りたい基礎知識|アンティーク家具を取り入れたお部屋作りや、アンティーク家具のお手入れ方法をご紹介しています。せひ参考にしてください!

フランスアンティーク専門店、パディントン・ホームデコレーションでは、フランスからアンティークを直輸入。卸から買い取り市場より3割から5割も安く買い付ける独自のルートや、蓄積したレストア技術に人気の理由がありました。買付のコツなどプロでしか明かされないその訳をご紹介します。

独自の買い付け

2~3ヶ月に1回、
フランスに出向いてコンテナ輸送で買い付けしています。

4tトラックで一回の買い付けに付き約2000kmの旅で
数か所のディラーやマーケットを回ります。

アンティーク歴22年の経験から
顔見知りになった
趣味の近いフランス人ディラーにおねだりして、
お客様の欲しい物を優先的に
お買い得な時期にストックすることで、
人気の商品が満足する価格で安定的に実現。

アンティークの買付1

健康的でアートな生活をデザインする、 
ライフクリエーションと名づけた経験から、
アンティーク選びや活かし方をアドバイスしながら、
女性の立場から創造する
アンティークのある暮らしを
楽しくできる空間プロデュースに活かされています。

  • アンティークの買付2
  • アンティークの買付3

買い付けの様子

買い付けの様子のmovieを公開!

朝一のマーケットでは、
ディーラーが3000件ほど集まって、朝市が始まります。
プロのバイヤーが我先にと商品獲得合戦を始めます。

人気な商品には、大勢のバイヤー達が輪になって
競りで買い取られます。

上手に交渉すると、かなり安く手に入ります。
交渉の秘訣は、世間話をして、
ディーラーと仲良くなれる事が一番です。

コンテナでの買い付け

大型コンテナで買い付けしているため、
とても高価な品物も格安で手に入れる事が出来ます。

大切な商品は1点1点、手降ろししており、
スタッフ一同一番楽しみな時間です。
宝箱を開けたような瞬間です。

アンティークの買付4

独自のレストア

買付時状態のチェック

フランスの古物市場は、プチシャトーや皇族方貴族のお宅から出品されてオークションで高値で買い取られていたり、一般家庭から持ち込まれたブロカントが掘り出し物状態でクリニュンクールやアヴィニオンのアンティークマッケットで取引されていたり、いつでもアンティークが身近にあってマルシェも博物館のようです。

長い年月を掛けて使い込まれたアンティークは、無垢の材料(パイン、オーク、ビーチ、バーチ、ウォルナッツ、チーク)等の同素材をサネツギや引出の凹凸で組み込まれ、なるべく鉄釘やビス等も使用せずに完成されたディテールが魅力の一つでもあります。

また、使い込まれる程に無垢素材は乾燥してシルバーの柔軟性のある温かみのある質感へと変化し、木肌の筋目の模様が偶然にしかなしえないデザイン性になっています。又、使い込まれてきた傷やペイントの剥がれは、何重にも重ねられ、そしてまた剥がれ、慣れ親しんで使われてきた生活感がシャビーの趣となり、新しいものでは作りだせないけなげで儚いイメージで新しい空間でも溶け込んでいくれます。

 

買付前に、15年以上の付き合いのあるディラー達にストックして頂いている家具を現地で虫食い状態やたてつけ、歪み等の細部をチェックしながら、又、魅力的な部分も見つけながら、主にフランスとイギリスで買付を行っております。

アンティークの買付5

プロセス1

アンティークの買付6

レストアで一番重要な箇所の一つで、ほとんどの引出しが
頻繁に開閉している間に、擦れて引出が落ち始めてしまいますので
ビスやクギ等を取り除いきます。

プロセス2

アンティークの買付7

部材を外す時も、乾燥した部材は簡単に日々欠損してしまいますので、少しでも欠けてしまわない様に丁寧に外していきます。

プロセス3

アンティークの買付8

もし、欠損してしまった部品があったとしたら、
欠損も大切にとっておき、
いずれ組み直しの際の前には、ボンドか接着剤で
きちんと元の位置に戻します。

プロセス4

アンティークの買付9

外した部分は綺麗に拭き掃除をしてから、サンダーを掛けます。
表面少し削る事で汚れや、特に油でしみ込んでいるシミ等も
目立たなくなります。

プロセス5

アンティークの買付10

細かい表面のざらつきをなくすために、サンダーの後にもう一度
グラインダーを掛けて凹凸をなくします。

プロセス6

アンティークの買付11

表面の平らな場合は、サンダーを使いますが、
エッジ等がある場合はサンドペーパーで取り除きます 。

アンティークの買付12

左側はオリジナルコンデション。
右側の引出は100年以上の使用感は
無くなってしまいましたが、
これから作り上げるのはお客様の
オリジナリティな新しい雰囲気なのですから。

細部の調整と組み立て

内側の汚れがひどい時には上記の様にペーパーを掛けたり、サンダーを掛けたりします。ワックスを掛けたりもしますが、艶のないシャビーテイストがすきなので程良く、古びた趣を残しつつ、ガタツキの無い毎日使用出来る状態を保てるように、個人差はありますが、気になる臭気がある場合はなるべく表面をマジックリンで強力に磨き上げる事もあります。でも、ほとんどが、古臭いホコリ臭はあったりします。

また、本体はなるべくオリジナルの古い塗装や雰囲気を残しつつですが、長年使用していると無垢素材の収縮は、多くて1センチ以上も隙間が出来る事もあります。出来る限り隙間をなくすために、本体部品を外して、寄せてからもう一度組み立ててみるのですが、どこか足りなくなってしまうと同じ様な部材を足して目立たなくします。
その後、似たようなペンキで調合して同じようなリタッチペイントを施して仕上げます。

アンティークは偶然の出会いの物ですから、使い込まれた傷やドア当たり癖などはその家具の個性で、昔のディテールでオリジナリティーを壊さない程度のお手入れと補修を心がけています。

又、ほとんどのヨーロッパの家具には必ず鍵が付いていて、食器棚にも鍵を使用していたりしますが、無くなっているものも多く、パディントンの家具は全て、鍵を使える状態まで修理をしていますので、古い家具でもなるべく不自由無く改善してお客様の元へとお迎えして頂く事になりますのでとても安心です。

『パディントン』のレストアテクニックは他店ではありえない大型の家具までの歪みや調整補修を細部まで家具の存在を尊重しながら個性的で歴史深い風合いの、南仏フレンチスタイルの一員として迎えられるまでをお手伝いしています。

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。