• Home>購入後のお手入れ

レザーソファ、ワックス、パイン材、Briwax、アンティーク、家具、手入れ、レストア、補修、修理、方法、仕方

****パディントン独自のアンティークのレストアについて****

アンティークのオリジナリティーを十分活かしながら実用的な毎日使う家具として生命力を授けるレストアをしていきたい。

購入後のお手入れ 
 
≪木製家具のお手入れについて≫


 特にパインやフルーツウッド材の無垢材は、乾燥しやすいため、テーブルの天板でナチュラルであれば、水拭きを頻繁に行う事で表面の保護力が損なわれますので、毎日家具用ワックス掛けを心がけて下さい。
 ただ、毎日というのも大げさですので1ケ月に一度位の頻度でお手入れされると湿度の影響や水はけにも良いかと思います。

 特にワックスでお勧めなのが、BRIWAX(イギリス製)が、刷毛で簡単に塗れるほか、ムラつきせず渇きも良く、艶出しの乾拭きも適度に艶の程度を見ながら磨けて保護力あり長持ちしますのでおススメです。

Process 1)テーブルの天板等の場合は、油性ペイント用のコシのある7cm位の平らな刷毛を使います。

Process 2)ワックスにトルエンが含まれていますので、まんべんなく家具表面に擦りながら塗ってみると、染み込んで塗った所が色濃くなるので、薄いような所は2度塗りしてもOKです。 

Process 3)冬場は、ワックスも少し堅めで浸透していくのに時間がかかりるので30分位、夏場は気温が高いのですぐ浸透しますので15分程度待って、少し気合いを入れて乾してみます。すると、擦れば擦る程、艶が出てくるのが分かりますので、一通り掛けた後にお好みで2度目の乾拭きをした方がいいかは?!お好みです。終了


*BRIWAXには、色々なカラーが揃っていますが、オーク以外の、パインやフルーツウッド系の明るいナチュラルカラーの場合は、OLD PINE(オールドパイン) ANTIQUE BROWN(アンティーク ブラウン)、色を付けたくない場合はCLEAR(クリア)をおススめ致します。
           
  




















≪用意するもの≫
手袋、ワックス(画像はBRIWAX400ml 税抜2,200円)コシのある刷毛、オープナー

ブライワックス"briwax"のご注文はこちら
 
 
≪革製家具のお手入れについて≫




年月を経過した本革は、使えば使う程
独自の魅力が増して、味のある風合いとなり、アンティークレザーの家具は大変人気です。

しかし、天然素材の為、乾燥して艶が薄れ、ひび割れてくる場合があります。

お手入れ次第で、一層魅力的に年月を経てくれる、
アンティークレザーのお手入れ方法をご紹介します。
 
 











Process 1)市販の革用クリームを、
刷毛やブラシでのせていきます。















Process 2)乾いた布で乾拭きし、馴染ませつつ、
磨くように光沢感を出します。
 








完成!

手前が磨いた後、奥が磨く前です。

艶感と色味に深みが出ました。
 

 
 
関連性のある商品一覧


 
  マホガニーレザーチェア
 



  
   フレンチクラブソファ

PADDINGTON

パディントンカスタマーサービス
営業時間:午前10:00〜午後6:00
定休日:毎週日曜日
tel:047-392-5755 fax:047-392-6080