アピルコ製ライオンスーピエール P87059c| フレンチアンティーク家具ロココ調ブロカントのお店【パディントン】

アピルコ製ライオンスーピエール P87059c

ホテルやレストランでスープをサーブしていたアピルコ製ライオンヘッドの大きなスーピエール
型番 P87059c
販売価格 11,000円(内税)
購入数


1826年創業の、カフェやホテル等で愛用される、フランスのアピルコ(apilco)製スーピエール。フレンチアンティークのライオンヘッドのスーピエールです。ずしりと重く大きな、脚付きのシルエット。白い陶器製で、厚みと重厚感があって、ぽってりした釉は艶感と、表面に奥深さを生んでいて、古いアンティーク陶器ならではの風合いが魅力。立体的なライオンの顔は丸みを帯びていて、目と鼻すじはしっかりと、他は優しさのある印象。フランスではキッチンやダイニングのキャビネットに白いスーピエールを何個も並べて飾っていたり、迫力のあるスーピエールとして、存在感を発揮してくれます。スープを入れて、テーブルでサーブするスーピエールですが、こちらは少し大きめなサイズで、4〜5人用位で使えそうなサイズです。普段は植物や小物と合わせたディスプレーオブジェとしても幅広く活用出来ます。もちろんアイデア次第で、パーティーでのおもてなし料理としてスープや温野菜サラダ、フルーツいっぱいのサングリア等の器にしたり、氷を敷き詰めてフルーツやボトルを冷やしたり。美しい艶の白い陶器は、手作りの温もりとアンティークの風合いで新品とは違った魅力があります。100年以上昔に作られた、手作りの古い陶器ならではのぽってり厚い不均一さや味わい、温もりが魅力のライオンヘッドのアンティークスーピエールです。
アピルコ(apilco)は、1826年に設立されたフランスのポッタリーです。元は18世紀から続く陶工だったBozier & Deshoulieres家やいとこたち。1826年にデズリエール家がChauvignyに工場を設立、アピルコブランドの製造を始めました。シンプルで洗練されたデザインと固く丈夫な品質でシェフ達が愛用し、世界中のレストランやカフェ、ホテルで使用されています。

アピルコ製ライオンスーピエール
ライオンヘッドのスーピエール
1826年創業の、カフェやホテル等で愛用される、フランスのアピルコ(apilco)製スーピエール。フレンチアンティークのライオンヘッドのスーピエールです。
アンティークスーピエール
ずしりと重く大きな、脚付きのシルエット。白い陶器製で、厚みと重厚感があって、ぽってりした釉は艶感と、表面に奥深さを生んでいて、古いアンティーク陶器ならではの風合いが魅力。
フレンチスーピエール
フランスではキッチンやダイニングのキャビネットに白いスーピエールを何個も並べて飾っていたり、迫力のあるスーピエールとして、存在感を発揮してくれます。
フレンチ陶器
立体的なライオンの顔は丸みを帯びていて、目と鼻すじはしっかりと、他は優しさのある印象。
アンティーク陶器
スープを入れて、テーブルでサーブするスーピエールですが、こちらは少し大きめなサイズで、4〜5人用位で使えそうなサイズです。
アンティークスーピエール販売
普段は植物や小物と合わせたディスプレーオブジェとしても幅広く活用出来ます。もちろんアイデア次第で、パーティーでのおもてなし料理としてスープや温野菜サラダ、フルーツいっぱいのサングリア等の器にしたり、氷を敷き詰めてフルーツやボトルを冷やしたり。
アピルコ,apilco
美しい艶の白い陶器は、手作りの温もりとアンティークの風合いで新品とは違った魅力があります。100年以上昔に作られた、手作りの古い陶器ならではのぽってり厚い不均一さや味わい、温もりが魅力のライオンヘッドのアンティークスーピエールです。
サイズφ22 x W25 x H15.5cm
内寸:φ18.5 x H12.5cm
年代C1900
生産国フランス
予想重量約1.5kg
配送料10
本州:1,260円
東北・中国・四国:1,420円
北海道・九州:1,600円
沖縄:1,750円
備考フランスのアピルコ(apilco)製白い陶器のスーピエール。バックスタンプあり。
コンディション使用されていた古い物の為、多少すれや黒ずみ、貫入やしみ、古い陶器の為製造時の混入物などあり年月の経過した雰囲気です。