ルイ15世フレンチアンティークテーブル T20109| フレンチアンティーク家具ロココ調ブロカントのお店【パディントン】

ルイ15世フレンチアンティークテーブル T20109

シャビーホワイトの美しいロココ調シルエットに料理やアイテムが映える天板のルイ15世テーブル
型番 T20109
販売価格 129,800円(内税)
購入数


フレンチアンティークのルイ15世テーブル。フランスの歴史あるプチシャトーや邸宅で、ダイニングや客間、コンサバトリーのポーチ等でおもてなし用のテーブルとして見かける、人数に合わせて広げられるイクステンションテーブルです。美しいオーク材製にルイ15世様式の彫刻が施され、ホワイト塗装された美しいテーブル。伝統的な装飾技術で作られていて、天板はヴェルサイユ宮殿の床にも施されているオークの木目が美しい寄木細工が施されて。天板のホワイトペイントはざっくり薄めで、うっすら木目や凹凸感が伝わる風合いは、食器やディスプレーが豪華に映えます。天板リムはへびの様に波打つサーペンタインシルエットで、曲線が美しい。サーペンタインに合わせて作られた引き出し式天板は、広げた時にぴったり収まる、家具職人の手間と技術が伺えるテーブルです。幕板正面にはロココ文化を象徴するロカイユの彫刻が前後に施されて。膝部分にはロカイユとリーフのモチーフが彫刻されて。カットワークの袴下は縁どるような面取りで、4面と脚を飾っています。脚先に向かって細くなってゆく、ヒズメを模したスクロールの下に土台がちょこんと地面に付く、フレンチカブリオールレッグがすらりと美しいシルエットで、華奢で優雅な印象のルイ15世様式ダイニングテーブルです。普段は4人掛けにちょうど良いサイズですが、必要に応じて天板が広げられて、6〜10人用のテーブルとして使えます。伝統的なデザインの存在感あるフレンチアンティークのルイ15世ダイニングテーブルです。

ルイ15世フレンチアンティークテーブル
ダイニングテーブル
フレンチアンティークのルイ15世テーブル。フランスの歴史あるプチシャトーや邸宅で、ダイニングや客間、コンサバトリーのポーチ等でおもてなし用のテーブルとして見かける、人数に合わせて広げられるイクステンションテーブルです。
アンティークテーブル
美しいオーク材製にルイ15世様式の彫刻が施され、ホワイト塗装された美しいテーブル。
フレンチテーブル
伝統的な装飾技術で作られていて、天板はヴェルサイユ宮殿の床にも施されているオークの木目が美しい寄木細工が施されて。天板のホワイトペイントはざっくり薄めで、うっすら木目や凹凸感が伝わる風合いは、食器やディスプレーが豪華に映えます。
ロココ調テーブル
天板リムはへびの様に波打つサーペンタインシルエットで、曲線が美しい。サーペンタインに合わせて作られた引き出し式天板は、広げた時にぴったり収まる、家具職人の手間と技術が伺えるテーブルです。
ホワイトテーブル
幕板正面にはロココ文化を象徴するロカイユの彫刻が前後に施されて。膝部分にはロカイユとリーフのモチーフが彫刻されて。カットワークの袴下は縁どるような面取りで、4面と脚を飾っています。
アンティーク家具
普段は4人掛けにちょうど良いサイズですが、必要に応じて天板が広げられて、6〜10人用のテーブルとして使えます。伝統的なデザインの存在感あるフレンチアンティークのルイ15世ダイニングテーブルです。
アンティークテーブル販売
脚先に向かって細くなってゆく、ヒズメを模したスクロールの下に土台がちょこんと地面に付く、フレンチカブリオールレッグがすらりと美しいシルエットで、華奢で優雅な印象のルイ15世様式ダイニングテーブルです。
サイズW129.5〜225 x H73.5 x D99.5cm
袴下:H60cm
年代C1920
生産国フランス
予想重量約30kg
配送料150
本州:19,120円
東北・中国・四国:22,370円
北海道・九州:28,360円
沖縄:45,360円
備考オーク材製にホワイト塗装のルイ15世テーブル。両サイドの天板を引き出して129.5〜225cmまで広げられます。
コンディション古いアンティーク品の為、所々傷や塗装の剥がれ、すれ、乾燥による木のつなぎ目の隙間や木目のひびなどあり年月の経過した雰囲気です。