アンティークの知りたい基礎知識|アンティーク家具を取り入れたお部屋作りや、アンティーク家具のお手入れ方法をご紹介しています。せひ参考にしてください!

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション1

パディントンヒルに登場した、アンティークのあるマンション。もっと自由な発想と自分の趣味にあったフレンチスタイルを賃貸で楽しむべく。かわいい、オーガニックを徹底して、レトロモダンなキッチン付きの、アートな想像力を刺激するアンティークなお部屋に大変身!

シャトー・マルゴーのアンティーク木箱がある部屋 203号室

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション2

リビングダイニングキッチン

アナスイ風のデザイナーズ輸入壁紙があるリビングダイニング。白地に黒とピンクのコントラストのブリリアントローズ柄壁紙と、キッチンにはワインレッドのコントラスト。陰と陽の両極端が新しい独創性を持つ空間を創り上げてくれる。そこに、儚いイメージをエッセンスとして、アンティークを所々に宝石のように散りばめています

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション3

中央には、以前和室とリビングを仕切っていた壁を取り払って剥き出しになった、コンクリート製の梁が美しいホワイトのお部屋のアクセントになって、より神秘的な陰と陽のコーデ。 また、明るい南の光景の手前には、ワインレッドのデザイナーズの輸入の壁紙が毒インパクトを与え、陰の部分に。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション4

イギリス製の対面システムキッチンユニットは、ガス台とシンクがL型のアイランド式対面型。天板のガラスラミネートで120度まで耐久のワークトップは艶ありブラック。ナチュラルオークの床に艶ありブラックの天板とキャビネットが差し色となっています。横並びのキャビネットは、カウンターに座った時まで明りが届くライト入り。レンジフードは天吊りに。古いマンションのキッチンや洗面は低く、腰が痛くなる経験、ありませんか?イギリス製の91㎝高キッチンで、快適なワークスペースに。キッチンツールが手の届く範囲に並んでいて、盛りつけ用のお皿も、両手の届く範囲にコンパクトにまとめられます。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション5

床材には、QUICK STEP社ベルギー産フローリングが敷き詰められて、パリのアパルトマン漂うアンティークな部屋に。

以前は6畳の和室と6畳洋室、6畳のキッチンと3部屋に仕切られていた壁をはずして、約18畳のワンフロアーにしています。

  • パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション6
  • パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション7

“Chateau Margaux  シャト−・マルゴーのワイン木箱のある部屋”の由来となるスペース。すべてフランス、シャトー・マルゴー産の、アンティークの木箱です。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション8

その、ワインの木箱を壁に。
右上からGrand Vin Du”Baron De Brane”
左上 ”Chateau Godineau” 1983 Bordeaux
右下”La Sirene de Giscours”2004
左下”Les Fiets de Lagrange”
フランスのボルドー地方のワインメーカーの中でも、最もどなたにも癖のない気品のある女性的なワインと称されているそうです。

コレクションをディスプレイしたり、DVDやCDラックなど、見せる収納としてもとってもお洒落に生活できそうです。

華奢な細さの3枚つづりのパネルが繊細な印象のペアヴォレー。このお部屋のグレードを左右する扉で、まるで、宝箱のようなわくわく気分を演出。中のクロゼットルームはシェルフが沢山。コンパクトな収納部屋としてはもちろん、小さな書斎にしたり、ハンガーラックがあるので衣装部屋に。そのご家庭の条件に合わせて使い勝手が変化できるアイデア満載なんです。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション9

洋室

部屋への入り口はアンティークのパインドア。このドアの質素でナチュラルな趣がアンティークならでは。緊張感をほぐしてくれる心地よいアイテムです。

なぜ、新品でなくて古いドアにこだわるかというと、湿度の影響で放つほのかなパイン材の香りがたまらなく大地の香り、安らぎアイテムの一つなんです。

特に無塗装のパインが、今では希少でいい香りです。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション10

 

脱衣室、トイレ

珪藻土を壁に塗ると、バクテリアの繁殖を防げるのでカビやダニをシャットアウト出来るということで、脱衣所と、トイレには薄いグリーンの珪藻土を。脱衣所は癒されたバカンス、シーヴィラのイメージで四角い陶器製をサイドテーブルに乗せたデザインです。シルバーのボトルトラップですっきり。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション11

 

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション12

玄関からのアプローチ

賃貸マンションでフレンチスタイルを楽しむ極意を考えてみると、フレンチスタイルで欠かせない背景は、新築の普通な壁紙ではないし、コンテンポラリートーンのシンプルでは雰囲気が出ない。壁の表情が重要で、それはリアルに石の壁だったりするのが一番フレンチには近いですが、日本ではありえないので、壁紙で個性的なフレンチにしてみようと選んだ、白のエンボスの輸入の壁紙。このまま真っ白もグレード感があり素敵ですが、フレンチテイストを完成させるためにグレイッシュを再現。薄いグリーンの珪藻土仕上げの洗面室やトイレとの一体感を考え、ベージュベースにミントを掛けて。

  • パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション13
  • パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション14

朝靄の中のコケ生したムラのイメージで仕上げた玄関からのコケアプローチ。深い奥行き感がうまれました。途中には、洗面室の隠れ家的な扉。正真正銘の1890年フランス製3枚のパーティションをそれぞれ独立させて1枚にしてリメイクした、薄く華奢で小っちゃなドア。バリリゾート風の洗面台へと続く、漏れた明かりのシルエットで際立つカットプリーチの可愛らしさが最高です。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション15

リビングダイニングへと続く光景は、ブリリアントなイメージ。薄暗い玄関を抜けると南向きの明るい光景が、素通しガラス張りのフレンチドアの向こう側に見えます。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション16

ステンドグラスのある部屋 305号室

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション17

リビングダイニングキッチン

アンティークが好きだからといって、クラシックスタイルをそのまま、リバイバルは古すぎる。昔スタイルの都合良いところだけ、自分流な好きなところだけチョイスして暮らすのが、パディントン流アンティークな部屋作り。

キッチン4.5畳、リビング7畳、和室6畳、と押し入れをすべて一部屋にしたリビングダイニング。

  • パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション22
  • パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション23

3階の角部屋、窓辺のキッチンは、アンティーク調とコンテンポラリーテイストをmixしたイメージで。180度前景の解放的な景観を最大限に活かした、ワークトップと出窓を一体化したアイランド式。日本のキッチンというと本来、ベースもトップもホワイトが一般的ですが、このベースは、ツルッと艶ありタイルカラーにしてブリリアントされているので、コントラストをキリッとさせるために、40mm厚御影石の鏡面グラニートで2トーンに。もちろん120度耐熱性で熱いヤカンを置いても心配なく使えます。癒しの明り付き壁掛けキャビネット。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション18

アンティークとモダンの融合をテーマにした”ステンドグラスのある部屋”と名付けられた、ダイニング約20帖に作られた、1坪のウォークインクロゼット。壁にはアンティークステンドグラスの窓、カーボンレザーケース模様の焦げ茶のイギリス製輸入壁紙を施しました。深いダークブラウンと、4枚つづりのフレンチアンティークシャッターを取り付けたクロゼットドアのシャビーなミントグリーンがアクセントカラー。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション19
パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション20

床材は、イギリス製の木目調フローリング。そして、すっきりと晴れた陽には、くっきりとスカイツリーがご覧いただけます。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション21

洋室

明るい窓が差し込み、意外と広めの寝室に人気の部屋ですが、単調な白い壁紙が張りの凸凹を目立たせて天井が低く見えてしまうため、見切りをつけて縦長の壁の色を強調することによって天井の圧迫感を解消させています。

”ホワイト&シルバー”をテーマに。北西側の部屋なのでシルバーの花柄とチャコールグレイのコントラストが効いて、とても清楚な夕焼けの美しい映りのお部屋になりました。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション24
パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション25

最近の賃貸事情では、大抵、集成パルプ材に木製風プリントシート張りですが、大地から育った自然の木製オーガニックのドア枠にこだわりました。

枠までアンティークで!と言いたいところですが、ドアは取り外せても家屋と一体になった枠はそうたやすく外せないので、米ツガで制作されたパディントンのオリジナルで。ほんのりと落ち着きのある風格が、偽物には出せない雰囲気です。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション28
パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション29

エントランス、廊下

エントランスにはフランス・リオンの町でよく使われている石灰岩を。イギリス・バースの古い屋敷から解体されてきたコッツウォルズストーンをランダムに大胆にゴロゴロと敷き詰めています。間仕切りの扉に素通しガラスを使用したため、明かりが差し込み、明るい印象になりました

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション26
パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション27

脱衣所

シックなグレーのケーシングのパーテーションドアを開けると、ヴィラ風な脱衣所。

パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション28
パディントンのフレンチアンティーク賃貸マンション29

フレンチテイストのアンティーク風リフォームや新築にご興味があって施工計画を後悔したくないとお考えの方など、ご相談ください。

パディントン 店舗プロデュース お問合せ詳細はこちらから
            コーディネートご相談受付