アンティークの知りたい基礎知識|アンティーク家具を取り入れたお部屋作りや、アンティーク家具のお手入れ方法をご紹介しています。せひ参考にしてください!

サンタマン(Saint-Amand)製ピシェ

フランスのサンタマン窯で作られた陶器製品。その歴史をご紹介

サンタマンレゾー(Saint-Amand-les-Eaux)とは

フランス北部に位置する、オー=ド=フランス地域圏、ノール県にあるサンタマン・レゾー(Saint-Amand-les-Eaux)。ベルギーの近くにあります。この町に住む人々の事を男性はAmandinois、女性はAmandinoiseと呼ぶそうです。ファイアンス焼きの工場で知られる町でもあります。

サンタマン社について

サンタマン社(Saint-Amand)は、フランス北部、サンタマンレゾー(Saint-Amand-les-Eaux)に1705年創業した窯元です。陶器工場として恵まれた場所で、材料や製品を輸送する為のスカーペ川と道路があり、窯用の木材が取れる森がありました。

1705年ニコラス・デムウティエール(Nicolas Desmoutiers)がファイアンス焼きの工場を設立しました。彼の製品は花や動物柄等で、多色使いの装飾と、伝統的な白地に青の柄の製品が両方作られていました。

1735年、娘のMarie-Josèphe が結婚し、彼女と夫のRobert Flescher が経営を引き継ぎました。

1736年、リールで最初の陶芸家Barthélémy Dorez の子孫であるドレス家の家族に会社を貸しています。

1775年工場はベッカート(Bécart)に売却され、1776年に閉鎖、バランシエンヌ(Valenciennes)に移転しました。

1718年、ベルギーにある陶器の街トゥルネー(Tournai)(オランダ語でDoornik)からサンタマンに移り住んできたピエール・ファウゲス(Pierre Joseph Fauquez)がサンタマンに第二の工場を設立。彼が以前所持していたトゥルネーの工場の従業員達も付いてきました。

1718年から1740年までピエール・ファウゲスが経営し、1740年から1773年は息子のFrançois-Josephが、1773年から1794年までは孫のジャン・バティスト(Jean-Baptiste)が引き継ぎました。
ジャン・バティストは18世紀に流行した中国の陶器に影響を受け、トゥルネーの陶器の装飾技術からインスパイアされた装飾的な製品を製造しました。1794年にはフランス革命により、工場は閉鎖され、生産は終了しました。

1810年から1817年まで、サンタマン第三の工場がDorchiesとHerboにより経営されました。1818年、トゥルネーの陶芸家Maximilien Joseph de Bettigniesが引き継ぎました。

この頃の製品は多様で芸術的で、ドングリや月桂樹、コーンフラワー等のファイアンス焼きがトゥルネーの陶器の装飾技術を応用し作られました。この工場は成功し、サンタマンのDu Moulin des Loupsに新しい大きな工場を設立しました。カオリンを含まない柔らかいセラミック陶器Porcelaine tendreの製造もしましたが、こちらは失敗しています。

1880年、Gustave DuboisとLéandre Bloquiauxが会社を引き継ぎました。リュネヴィル(Lunéville)やサンクレマン(Saint Clément)と同じ様な生産方式で、釉のアーゼンウェア陶器を製造しました。

1887年、株式会社となり、名前がManufacture de Faïence et de Porcelainesとなりました。

1896年にはWandignies-Hamage に第二の工場が設立され、Saint Amand et Hamage Nordマークが登録されました。
この会社はすぐに大きくなり、ピーク時には700人が働いていました。1900年には駅の近くにSociété Amandinoise de Faïencerieが設立されました。

サンタマンの主なバックスタンプは、壁模様の王冠の下に、サンタマンの紋章である、2つのフルールドリスの間に剣のデザインのコートオブアームズが描かれています。1896~1952年頃の製品に見られます。現在はこの頃に作られた製品が主にフランスのマーケットで見られます。

サンタマン(Saint-Amand)とは,サンタマンとは,Saint-Amand,フレンチアンティーク陶器,サンタマン製1

サンタマン社バックスタンプ。壁模様の王冠の下に、サンタマンの紋章である、2つのフルールドリスの間に剣のデザインのコートオブアームズ。

サンタマン(Saint-Amand)社バックスタンプ,サンタマン(Saint-Amand)とは,サンタマンとは,Saint-Amand,フレンチアンティーク陶器,サンタマン製2

このバックスタンプは1896~1952年頃の製品に見られます。現在はこの頃に作られた製品が主にフランスのマーケットで見られます。

サンタマン(Saint-Amand)社バックスタンプ,サンタマン(Saint-Amand)とは,サンタマンとは,Saint-Amand,フレンチアンティーク陶器,サンタマン製2

このバックスタンプはA. Lebacqz & M. Bouchartの名前で、1900年頃の製品に見られます。

サンタマン(Saint-Amand)社バックスタンプ,サンタマン(Saint-Amand)とは,サンタマンとは,Saint-Amand,フレンチアンティーク陶器,サンタマン製2

このバックスタンプは1900年に設立されたSociete Amandinoise de Faiencerieの名前で、サンタマンディノワーズ(saint amandinoise)、パターン名のアイリスの花(iris)、テールドフェール(terre de fer)(鉄の様に固い陶器という意味)の文字があります。

1908年Ceranordが設立されました。こちらのエンブレムは白鳥で、バックスタンプも白鳥柄です。1962年まで使用されていました。

1910年以降はLustroceramとOrceramというマークを登録したこの工場は、サンタマンにあったタイル工場とも一緒に製品を作っていました。これらは第一次世界大戦中も生産を続けた唯一の企業です。大戦後、プロヴァンで採掘出来るの粘土を使用しました。

フランス北部のノール県にあったオルシ(Orchies)という小さな会社に工場を貸しました。
この会社は大きくなり、1923年にはOrchiesとHamageの工場が合併、親会社に加わり、社名はサンタマン・オルシ・アマージュ(Faïence et Porcelaine St Amand-Orchies-Hamage)となりました。この時のバックスタンプは風車のデザインです。
1928年、ムーラン・デ・ル&アマージュ(Manufacture de Moulin des Loups-Hamage)、1944年にはムーランデルー(Les Manufacture de Faïence du Moulin des Loups)と社名が変更されました。

この時、会社は5つの工場となり、サンタマン(Saint Amand)に2か所、ヴァンディニー・アマージュ(Wandignies-Hamage)に1か所、オルシ(Orchies)に1か所、プロヴァン(Provins)に1か所でした。

1952年、Saint Amand et Hamage Nordのヴァンディニー・アマージュ工場が閉鎖され、1954年には他のほとんどの工場が閉鎖、1962年には最後のCeranordのLes Grands Etablissements Céramiqueという名前の会社が閉鎖されました。

関連商品

サンタマン社製ソーシエール
1705年創業フランスのサンタマン社製、温もりのあるハンドステンシルのフレンチブルー色が白い陶器に映える、美しい曲線のローズ柄ソーシエール。

 

 

サンタマン製ピシェ
サンタマン製のぽってり白いフランスのベーシックなピシェ。

 

 

パディントンのアンティーク陶器商品一覧はこちらから