アンティークの知りたい基礎知識|アンティーク家具を取り入れたお部屋作りや、アンティーク家具のお手入れ方法をご紹介しています。せひ参考にしてください!

憧れのナポレオンチェアの特徴や歴史のお話を紹介

ナポレオン家具とは

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte)(1769~1821)がナポレオン1世としてフランス第一帝政の皇帝だった1804年~1814年頃に流行した様式を、帝政様式(アンピール様式、Empire)と呼ばれます。
シャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト(Charles Louis-Napoléon Bonaparte)(1808~1873)がナポレオン3世としてフランスの皇帝だった、1852~1870年頃にデザインされたスタイルが、2ndアンピール、ナポレオン3世様式の家具と呼ばれます。

古代ローマやギリシアの古典モチーフを取り入れた、余計な装飾を取り除きシンプルで洗練された、荘厳な印象のデザインが多く見られ、新古典主義(ネオクラシズム、Neo-Classicism)ともいわれます。月桂樹やコラムなどのモチーフが好まれました。また、皇后ウジェニー・ド・モンティジョ(Eugénie de Montijo)が好んだ、マリー・アントワネットのルイ16世様式、東洋思想の影響を受けたシノワズリも取り入れられ、荘厳さと優雅さがミックスされたデザインも数多く見られます。

当時、日本や中国の漆が人気となり、漆工芸に似せるためヨーロッパの職人が用いた黒檀(エボニー)や、ブラック塗装が施された家具が19世紀末のヨーロッパ上流階級で好まれました。
タンニンや墨汁、アクリル塗料、酢酸、樹皮、酸化鉄など様々な素材でエボナイズされた、黒い塗装の家具が多く見られます。

ナポレオンチェアの種類

ブラックナポレオンチェアには黒地にゴールドが美しい金彩模様のものが多く、こちらは背もたれがシェルの様に丸いシルエットの人気の高いデザイン。

  • 憧れのナポレオンチェア2
  • 憧れのナポレオンチェア3

模様が描かれたデザインの場合、スピンドルや足先までゴールド装飾が描かれています。

  • 憧れのナポレオンチェア4
  • 憧れのナポレオンチェア5

アーチ型を残しつつ、装飾的な彫刻やリボンモールディング付きのデザイン。

  • 憧れのナポレオンチェア6
  • 憧れのナポレオンチェア7

または、ナポレオン家具らしく、不要な装飾をしなくとも品格を感じさせるシンプルなデザインも見られます。

  • 憧れのナポレオンチェア8
  • 憧れのナポレオンチェア9

ナポレオン家具の種類

ナポレオンスタイルの家具たち。

憧れのナポレオンチェア10

ブラック塗装や、スピンドル装飾によって、華奢で美しいシルエットが一層際立っています。

  • 憧れのナポレオンチェア11
  • 憧れのナポレオンチェア12

また、バンブーや花の文様装飾など、シノワズリに影響されたデザインも多く見られます。

  • 憧れのナポレオンチェア13
  • 憧れのナポレオンチェア14


関連商品

 ブラックナポレオンチェア
フレンチアンティークのナポレオン3世チェア。ブラック塗装のフレームが華奢なスピンドルシルエットを一層繊細に引き立て、シートにはさらっとしたリネン地張りで落ち着いた色合い。真鍮スタッズが引き締め、シックにまとまった雰囲気のナポレオンチェアです。